はじめに

「会社の給与以外に収入源が欲しい!」
「今よりもう少し生活にゆとりを持たせたい!」
「勤めている会社が倒産したりリストラされたら生活に困る!」 
そんなあなたへ、私が実践している投資法をお伝えしたいと思います。
日々、忙しく仕事をしていて投資のことなんて勉強する時間がないよという前に、給与以外に不労所得が毎月数万円入ってきたらちょっと嬉しくありませんか?
手取りが増えたら今よりもっと飲み会にも参加できるし、買い物や旅行も我慢しなくて済むでしょうね。
新生銀行が毎年出しているサラリーマンのお小遣い調査報告書によると、男性会社員の月平均お小遣い額は37,428円(前年比445円の減少)、女性会社員は33,951円(前年比449円増加)となっています。お小遣い額は1990年の77,725円をピークに下がり続けています。
ただ私は不労所得を得て消費に回し、生活レベルを上げることを勧めているわけではありません。真逆です。
不労所得を消費してしまうのでななく、そのお金でさらに金融商品(高配当の株式、REIT等)を買い増しし、複利のパワーで資産を築くべきだと考えています。
会社員が毎月の給与を上げることは容易ではありません。
副業が容認され始めた今だからこそ、自分のお金を増やすために勉強してみませんか?
知識があれば投資に対して難しいとか怖いと感じることはなくなりますよ!

 

更新履歴